食費の節約は食材の使い切りから

自宅の冷蔵庫に入っている食材や、乾物の保管庫にあるものをすべて把握している人はどのくらいいるでしょうか。日々の買い物でセールになっていたり、誰かからいただいたりですぐには使わなかった食材を、冷蔵庫や保管庫に仕舞い込んだまま忘れてしまうことはよくあることです。冷蔵庫の中で腐ってしまったり、保管庫で未開封のまま賞味期限を迎えてしまったりして食材を無駄にしてしまうと、日々の節約も無駄になったしまいます。そこで一週間に一度は思い切って買い物に行かず、自宅にあるもので3食作るようにしてみました。お肉類がない、葉物がない等、最初こそレシピ通りに材料がそろわないことに不満があったものの、慣れてくると今ある食材で何品作れるかチャレンジしているようで楽しくなってきます。たとえば、お肉がないけれどお豆腐がある場合はそれを代用にしてみると、思った以上に美味しくしかもヘルシーな一品に仕上がるかもしれません。また、乾物等は一度にたくさん作って冷凍しておくと、いざというときのもう一品にもなって助かります。そして、その日一日買い物に出ないことで、食材に全くお金を使わないことになり、結果的に食費の節約にもなります。慣れてくると段々買い込んだ食材を無駄にすることもなくなってくるでしょう。中央リテール 審査

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です