費用がすごく心配な東京オリンピック

この前、安保法案の強行採決を誤魔化すかのように新国立競技場の建築を白紙に見直すという

ニュースが踊りました。

2500億以上も掛かり他にも多くのお金が掛かると言われ続けていた東京オリンピックのシンボルである

新国立競技場。1年以上も前から費用が多大になると言われていたのに、もうぎりぎりの段階で見直しがされるそうです。

まあ見直し自体は、評価できるものですが、逆に費用がすごく心配になってきました。

というのも、見直しって今のデザインを見直すのではなくコンペ自体をやり直す予定なのだそうです。

ということは、そこでいくら2500億円よりも安い値段設定にしたとしても、

最初のデザインであるザハさんには、それなりの補償が必要なのはしょうがないとしても、

ゼネコンさんへの補償も必要になってくるでしょう。

そしてコンペの実施。果たして準備と実施までにどれくらいお金が掛かるのでしょう?

しかも半年ほど時間が掛かるってそれだけ官僚やもしかしたら政治家にもその準備や管理などのために

費用が掛かってくるでしょう。

競技場の金額を2500億円から例えば2000億円に下げたとして、それらの費用を全部合算すると、

結局、2500億円以上になることは十分考えられます。

そんなことになるなら、最初の案で進めた方が良かったってことになってしまいます。

もし、安保法案対策としての単なる人気回復策ではない!と言うのであれば、

1年も前から代替え案を出してきた専門家がいらっしゃるじゃないですか、それら意見を集めて、

その中で決めていけば費用面の心配はなくなってくるはずです。

なぜ、効率よい方法が出来ないのでしょうか?

妙なプライドで自分が見直した!と言いたいがために、結局多大な費用となってしまった。って情けない

ことにはならないように、国民、マスコミはしっかりチェックしていく必要があります。

東京オリンピックがこれ以上、費用面で世界の恥とならないように。

在籍確認カードローン

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です