おまとめローンを検討してみませんか

お金が足りない、借り入れが複数の企業からになり返済日が把握しにくい、金利が高くついていて元金がなかなか減らない、そういった悩みを持っている方も多いと思います。日本でそういった悩みを書かけている人はかなり多いと聞いています。では、もしかすると隣を歩いている人もそういった悩みを抱えているかもしれません。

追ういった悩みを解消する方法の一つとしておまとめローンという方法があります。おまとめローンとは、複数から借り入れしている際に一か所の企業にローンを一本化するその名の通りのおまとめということになります。おまとめローンにすれば、返済日を一回にまとめることができるので、忘れてしまう心配がありません。

また、いくら返済しないといけないのかということも、毎回確認しなくて済むのので一度に返済する金額も把握しやすいという利点があります。その分だけ、元金が現状どれだけ残っているのか、利息をあとどれくらい支払続ければいいのかなど、全般的にお金の管理がしやすくなるのです。

では、そんなおまとめローンの審査に通るためにはどうすればよいのでしょうか。色々な基準が一般的に言われていますがその一部を今回ご紹介したいと思います。まず、年齢ですが、20歳以上69歳未満という設定があります。企業によっては65歳未満と定義しているところもありますが、多くの場合は69歳までと考えていただいて大丈夫だと思います。

次に、安定した収入があることがあげられます。冷静に考えてみると安定しあt収入があるからこそ借り入れをひたお金の返済ができるのです。当然といえば当然の判断基準といえるでしょう。

また、何をもって安定した収入と判断するのかといえば、例えば勤続年数が長いであるとか、大企業に勤めているなど基準はそのあたりになります。勤続年数が長ければそれだけ長い間働いているということになり、収入金額もそこそこあった上に収入が途切れてしまうという判断にはならないということになります。また、大企業にお勤めの場合も収入がある程度高いとみなされ、返済能力があると判断されるようです。

このように、貸した側は返済できる能力があるかどうかを判断基準にしているといえるでしょう。これを受けて、申し込みをする際にもう一つご紹介したいことがあります。それはおまとめ目的や借り換えが目的であったとしても、申し込みをする際の金額は低く見積もっておくということです。

先ほどの話にもつながりますが、低く見積もることによって返済能力があると判断されやすくなり返済できるという判断につながりますから、その分審査に通過しやすくなります。いきなり高い金額を申し込んでも、返済できるという判断ができなければなかなか借り入れは難しいのです。

このように、おまとめローンを申し込む際の審査基準にはこれらのような基準があると知っておけばかなり違ってくると思います。ではどういったところにおまとめローンを申し込めばよいのでしょうか。

お勧めなのはバンクイックとモビットです。バンクイックは三菱東京UFJ銀行系なので安心ですし、モビットも三井住友銀行系なのでどちらも安心して借り入れができます。大手金融機関が運営しているので、どこの消費者金融かわからないようなところから借り入れするよりも、借りる側としては安心ができます。

また、ホームページからシュミレーションができるので、自分はこれだけ借りたいと思う金額があった場合、返済できるだけの計画が立てられるかどうかを知ることができますから、まずはそこで簡単に入力してみて判断してみるのもいいかもしれません。借り入れをする前に目安が立てば返済計画が立てやすくなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です